高知東ロータリークラブ-会長あいさつ

高知東ロータリークラブ運営方針

ロータリーを学び
  ロータリアンを実行しよう。

高知東ロータリークラブ

2018-2019年度

会 長  寺尾 正生

 

 創設以来ロータリーは、ポール・ハリスの理想とした団体として、多く
の先人達が活動の成果を残し、世界中の人々に受け入れられて来ました。
私たち高知東ロータリークラブも今年は、創立50年という節目の年を迎
えます。
そして、2018-19年度の国際ロータリーのバリー・ラシン会長は「イン
スピレーションになろう。」というテーマを今年掲げられました。その中
で多くのロータリアンが、まだロータリー会員としての恩恵を享受してい
ないのではないかと疑問を投げかけています。それがロータリーを学び、
理解をする為の努力不足、機会不足から来ているとしたら、とても不幸な
ことです。
インスピレーションになるには、場所が必要です。その為の重要な場所
が、毎週の例会にあると思います。その中で多くの会員と触れ合い、色々
な意見を聞き、自ら意見を述べ、和やかな親睦の内に多くの気づきである
インスピレーションを得て、初めてそこから学びへと向かえるのではない
でしょうか。
また、今年の国際ロータリー第2670地区ガバナー方針として、桑原征
一ガバナーが 「共に考え 共に行動しよう。」というテーマを掲げられま
した。
ロータリーの親睦は、多くの人を知り和する事。ロータリーの奉仕とは、
ロータリアン一人一人が個人として奉仕の理想を実践する事だと思いま
す。
しかし組織として、この二つの親睦と奉仕を高知東ロータリークラブが
実践するには、会員一人一人の個性、多様性を尊重しながら、クラブとし
ての組織の独立性を維持し、クラブの中での個性と個性の調和と融合をは
かって行かねばならないと思います。
本年度のクラブ運営方針として「ロータリーを学び ロータリアンを
実行しよう」にさせていただきました。
クラブ創立半世紀を迎え、さらなる一世紀に向けて、クラブの伝統と文
化を守りながら、変革への新しい挑戦の一年として行きたいと考えます。
インスピレーションとなって学び、ロータリアンを実行するため、今年
の重点目標として、次の3項目を掲げたいと思います。
⑴ 例会への100%出席
これはクラブの伝統として、変わるべき新しい価値ある伝統が見
つかるまでは理屈抜きに継続したいと思います。
⑵ 例会の充実
出席したくなる例会。会員増強に繋がる例会。
各委員会とSAAと協力して魅力ある例会作りを目指します。
⑶ 50周年記念事業の成功
沖実行委員長、寺村副実行委員長をはじめ全会員と水曜会の協力を
得ながら、一致団結して取り組んでいきます。
以上の重点目標を基本に、松本幹事と共に運営に取り組みたいと思いま
すので、一年間よろしくお願い申し上げます。