高知東ロータリークラブ-会長あいさつ

高知東ロータリークラブ運営方針

積極果敢に楽しみましょう

高知東ロータリークラブ

2020-2021年度

会 長  竹村 克彦

 

伝統ある高知東ロータリークラブの新たな一年を踏み出そうと意気込んでいる最中、私たちは新型コロナウィルスの感染拡大という未曽有の災難と対峙しています。

それでも私たちには日々の生活があり、社会との関りを保ち、この災いの先に目を向け、一日も早くかつての日常が再び訪れることを信じて進まなければなりません。会員の皆様とともにこの高知東ロータリークラブの良き伝統を途切れさせることなく、更なる飛躍のため尽力致します。

高知東ロータリークラブの現状は誇れるほどに健全であると認識していますが、それはこれまで会員の皆様がそれぞれの役割分担の中で発揮された力によって得られた成果と考えます。つまり、奉仕活動、親睦事業、例会運営、情報発信、そして会員増強や勉強会の開催など、その場を担った多くの会員の汗無くして現状はあり得ません。

RIホルガー・クナーク会長は「ロータリーは機会の扉を開く」を今年度のテーマとされ、2670地区篠原徹ガバナーは「行動するロータリーを目指そう」 ―基本理念から新しい流れへ―というテーマを私たちに示されました。いずれもロータリーが取り組む課題への積極的な参加と活動を呼びかけておられます。

ロータリークラブの会員増強のためには、クラブが魅力的であることが一番大切であると考えます。また退会防止も同じく、「例会に出席したい。」「事業に参加したい。」という思いが溢れていれば対策を講じるまでも無いでしょう。

言葉にすると容易に思えてしまいますが、それぞれの現場は一筋縄では無いと思います。しかし、前のめりに取り組むことで打開策が生まれ人心に響くことも期待できます。また、積極的になれば笑顔になり、笑顔になれば言葉が前向きになり、そして会話が増えるのではないでしょうか。

そこで、RI、地区のテーマを念頭に、ロータリーのあらゆる活動には最初から楽しもうとの意気込みで積極的に参加して欲しいと考え、今年度のテーマを「積極果敢に楽しみましょう」としました。そして次の項目を重視して頂きたいと考えます。


①ロータリーの奉仕の精神を学び身に纏い実践しましょう。
②会員増強は組織運営の最重要項目と言っても過言ではありません。クラブの魅力を磨き上げる作業とともに進めてまいりましょう。
③2月に開催されるI.M.の幹事クラブです。高知東ロータリークラブらしさを前面に円滑な運営を行いましょう
④RI会長の言葉にありますが、ロータリーは常に変化し、そのスピードも速くなっています。高知東ロータリークラブとしてもその動きに対応して、いわばクラブの姿勢制御をしなければなりません。その情報取得のアイテムとして、会員のマイロータリー登録を推進しますのでよろしくお願いします。
⑤クラブに魅力を感じるための大前提は、会員であることが有意義であることだと考えます。そこで、ロータリーの理解を深めることにより自身のスキルアップに繋がるような卓話や事業、そして研修の機会を用意しますのでご参加ください。
⑥わくわくしながら例会に出席しましょう。その結果として出席率100%を達成しましょう。
⑦例会欠席を埋めるためのメイクアップではなく、積極的に他のクラブの例会に出席して良いところを学んで来ましょう。
⑧親睦事業に参加し色々な場面設定で歓談して、好意と友情を深めましょう。


私自身、より一層にロータリーの理解を深めることを誓い、皆様のお力添えを頂きながら一年間積極果敢に会長職を務めさせて戴きます。どうぞよろしくお願い致します。